星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  国際交流/産学官連携  >  国内大学との学術交流協定

国内大学との
学術交流協定
産学官連携

電気通信大学、順天堂大学との、大学の壁、そして分野の枠を越えた研究連携電気通信大学、順天堂大学との、大学の壁、そして分野の枠を越えた研究連携

工学、医学、薬学…それぞれの大学が持つ“最新の研究成果を共有化”。

各分野の最先端研究を行う大学同士が、
最新の研究成果を持ち寄り、組み合わせることで、
いままでにない研究開発の可能性が
生まれるのではないか…
そんな夢の実現への第一歩となる、
電気通信大学、順天堂大学、
そして星薬科大学の3校による
学術連携交流協定が締結されました。

協定の概要

「ネットワーク型URA」による分野を越えたアイデアの融合で、
新技術誕生の可能性を拡大。

URA(Univresity Rearech Agent)とは、
大学内で行われている研究を熟知し、
そのうえでさらなる発展を目指し新企画の立案や
外部機関との連携を行う人材のこと。
「ネットワーク型URA」とは、
3大学のURAがコミュニケーションを強化し、
密接につながることで、工学、医学、薬学という
異分野連携を促進させるプロジェクト。

星薬科大学、順天堂大学、電気通信大学→新しい研究開発の可能性の誕生

 

ビッグデータ解析による処方アルゴリズムの研究

電子カルテより患者の処方内容と検査結果を抽出し、患者をクラスター化することで治療薬の病理への影響を分析するとともに、最適な治療薬処方アルゴリズムを研究しています。

個別化医療の推進、新規薬物治療の確立 個別化医療の推進、新規薬物治療の確立
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
星薬祭
大学案内
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」