星薬科大学トップページ  >  教育と研究  >  国際交流/産学官連携  >  海外アドバンスト実務実習(カナダ)

海外アドバンスト
実務実習(カナダ)
国際交流  カナダ

海外アドバンス実務実習(カナダ)

まるまる1ヶ月、バンクーバーの薬局で実務を経験まるまる1ヶ月、バンクーバーの薬局で実務を経験

医療のグローバル化が進む今、
ボーダレスな視野をもった薬剤師の必要性が
ますます高まっています。
そこで本学では、学生が持つ海外への好奇心を
グローバルな薬学人育成へとつなげるために、
薬学科5年次に「海外アドバンスト実務実習」を実施。
提携するカナダ・バンクーバーの薬局で
薬剤師として活躍する本学OGの指導のもと、
約1ヵ月間カナダの医療現場を体験する
スペシャルなカリキュラムです。

「海外アドバンスト実務実習」の目的

薬剤師が多様な医療業務を担う
カナダならではの実習プログラム

薬剤師に許可されている職務が多いカナダだからこそ体験できる、責任感や知識レベルの高さを、実際の薬局で経験します。まさに“チーム医療”の中で求められる「薬のプロとしての役割」を肌で感じることができます。

<カナダの薬剤師に許可された職務例>

  • 慢性の病気に対する処方箋を書ける
  • 緊急性が高い場合には、薬剤師の名前で少日数分の処方箋を書くことがある
  • 海外旅行前のワクチンなど、予防接種も実施できる  など

プログラムの内容

ほぼ毎日薬局に通い、薬剤師について、
現地での業務を体験

  • 薬剤師による予防接種などの皮下・筋肉注射の見学
  • 長期間服用薬などの場合、一つの処方箋を複数回利用して処方できる「リフィル制度」の学習
  • 調剤やカウンセリングなど、現地の薬局での薬剤師業務の見学  など

実習を現地で対応する椿井先生から
出題されるケーススタディー問題に挑戦

「ある患者さんはAという薬とBという薬を飲んでいます。その上で、現在、こういった症状を訴えています。あなたは薬剤師としてどうしますか?」といった、リアルなケーススタディー問題が出題されます。含まれている成分の機序や剤型、患者さまの情報なども考慮し、広い視野で考えなければ正解がでない実践的な問題です。

現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 現地の一般家庭にホームステイしながら、異文化への理解を深める 調剤やカウンセリングなど、現地の薬局での薬剤師業務の見学 海外旅行前のワクチンなど、予防接種も実胞できる
信頼される薬剤師に求められる知識の深さと幅広さを実感
「海外薬局実習」に参加したきっかけは?

小学生、中学生時代を海外で過ごしていたので、いずれ海外で働いてみたいという思いを持っていました。進路のことを考えはじめた4年生の時に海外で実習できることを知り、“絶対に行ってみたい”と応募しました。その後、実習を担当されている椿井先生の授業を受けたり、海外実習に参加された研究室の先輩から体験談を聞けたりしたことも後押しになりました。

1ヵ月間、カナダの薬剤師業務を“体験” した感想は?

カナダでは、医師も、患者さまも“薬のことは、薬剤師に”という考えを強く持っていると感じました。例えば、 「メデイケーションレビュー」という、薬剤師が 、患者さまから処方薬についての疑問や不安についての相談を受け、必要であれば医師に変更を提案するという制度があります。専用のクリニックもあり、そこには医師はいません 。相談内容も、「薬が効かなくなった!」という相談から「市販サプリの効果が出ているのか? 」という問い合わせまで多岐にわたります。
そこまで患者さまに頼られるのには、患者さまの病状やバックグラウンドをしっかりと捉えた上で、不安を取り除く的確なサポートを日ごろから提供しているからだと感じました。私も薬剤師として、カナダで実惑した患者さまとの接し方や処方の解析の仕方を日本で実践できるように更に学ばなければと、決意を新たにしました。

カナダの薬剤師業務を“体験”カナダの薬剤師業務を“体験”
コミュニケーションの面での心配は?

この実習のメンバーに選抜されるレベルの英語力があれば、現地では多くの方がサポ ートをしてくださるので、心配はいりません。
日常生活では、ホストファミリー方のが快く迎え入れてくださいました。私のホストファミリーは、これまでに何回も星薬生をサポートされてきた方だったので、とても安心できました。また、1人での薬局実習や現地の大学の薬学生との交流においても椿井先生が一緒に復習をしてくださるので、英語の内容を理解できずにそのままということはありませんでした。

今回の体験では、将来ビジョンは変わりましたか?
将来ビジョン

日本とカナダ、二つの薬剤師制度の良い面を知ることで、将来の視野が広がりました。海外で働きたいなという思いはあるのですが、まず日本で薬剤師としてのスキルを伸ばしたいという思いが強くなりました。近年では、世界各国から多くの観光客が日本に訪れています。そうした海外から来たお客さまが多くいらっしゃるような病院や薬局への就職も考えてみたいです。

Message 
~カナダでの薬局実習に参加する学生に向けて~

カナダ教育研究センターセンター長 椿井 真貴 先生

カナダ教育研究センターセンター長
椿井 真貴 先生

カナダの薬剤師は、日本の薬剤師と比べると、職能が広く、例えば「処方権」があったり、「予防接種」を実施したりします。そのため、職能の広さや権利を利用した患者さんへの対応については、選択肢を多く持つことになるので、責任も大きくなります。
学生には、こういった違いを知るというのはもちろん、実際の現場に立つという機会を活かし、患者さまや薬に対して、とことん掘り下げて考えることの大切さを学んでほしいですね。そして、患者さんを目の前にしたときに、その方にとっての真のベストな選択を考えられる薬剤師となってほしいと思っています。

星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
デジタルパンフレット 星薬ガイド
デジタルパンフレット 薬学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
デジタルパンフレット 創薬化学科
公開講座
学会情報
情報開示
大学ポートレート
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
私立大学戦略的研究基盤形成支援事業
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」