星薬科大学トップページ  >  大学概要  >  三つのポリシー
星薬科大学イノベーションセンター薬剤師生涯学習支援室
国際交流・産学官連携国際交流・産学官連携
大学案内
デジタルパンフレット
公開講座
学会情報
情報開示
星薬科大学ビジョン2025-2035
データで見る星薬科大学
大学における医療人養成の在り方に関する調査研究委託事業
学術情報リポジトリ 「Stella」

三つのポリシー

薬学部

大学院薬学研究科

薬学部

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

 本学の教育理念は、創立者 星一(ほしはじめ)の建学の精神に基づき、「本学は世界に奉仕する人材育成の揺籃である」と定められています。この理念に基づき「薬学科」(6年制)は、「臨床の場において高い倫理観と高度な専門性を発揮できる薬剤師の養成」を、また、「創薬科学科」(4年制)は、「薬学を基礎として生命・健康を科学し、創薬研究・開発に携わる人材の育成」を目的としていますが、いずれの学科においても、薬学を総合的に学ぶためには幅広い視野と知識が求められます。また、海外文献を読みこなしたり、外国語によるコミュニケーション・スキルの習得も必要不可欠であり、高等学校時代に特に自然科学系分野の科目と外国語をしっかりと学習しておくことが薬学部での充実した学習の実現につながります。

 本学では、入学志願者の能力・適性等を多面的に判定するために複数の選抜制度を設けており、将来、薬学の様々な分野においてリーダーシップを発揮できる意欲的な学生を受け入れることを目指しています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

☆平成27年度1年生からカリキュラムを変更しましたので、
 「カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)」が変更となっています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)~平成27年度以降の入学者

【薬学科】
 本学では、「薬学科」(6年制)の教育目的である「臨床の場において高い倫理観と高度な専門性を発揮できる薬剤師の養成」を実現するために、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 見識ある医療人としての豊かな人間性や高い倫理観を備えた薬剤師を育成するために、全学年を通じて薬学教養教育科目を配置します。
  2. 高度化、専門化する医療に対応できる薬剤師を育成するために、低年次では物理、化学及び生物を基盤とする薬学基礎教育科目を配置し、高年次では医療薬学を中心とした薬学専門教育科目を配置します。
  3. 科学的・論理的な思考能力を基礎として、問題を構造化し、解決する能力を備えた薬剤師を育成するために、低年次から研究能力を培う薬学基礎教育科目と実習科目を配置します。
  4. チーム医療や地域医療において、薬の専門家として活躍できる薬剤師を育成するために、臨床現場で必要な実践的な技能とコミュニケーション能力を修得する演習・実習科目を配置します。
  5. グローバル化に対応した国際感覚や言語力を有する「世界に奉仕する薬剤師」を育成するために、全学年を通じて語学能力を培う薬学教養教育科目を配置します。

【創薬科学科】
 本学では、「創薬科学科」(4年制)の教育目的である「薬学を基礎として生命・健康を科学し、創薬研究・開発に携わる人材の育成」を実現するために、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 見識ある医療人としての豊かな人間性や高い倫理観を備えた薬学研究・開発に携わる人材を育成するために、全学年を通じて薬学教養教育科目を配置します。
  2. 高度化、専門化する医療に対応できる薬学研究・開発に携わる人材を育成するために、低年次では物理、化学及び生物を基盤とする薬学基礎教育科目を配置し、高年次では医療薬学を中心とした薬学専門教育科目を配置します。
  3. 科学的・論理的な思考能力を基礎として、問題を構造化し、解決する能力を備えた薬学研究・開発に携わる人材を育成するために、低年次から研究能力を培う薬学基礎教育科目と実習科目を配置します。
  4. グローバル化に対応した国際感覚や言語力を有する「世界に奉仕する薬学人」を育成するために、全学年を通じて語学能力を培う薬学教養教育科目を配置します。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)~平成26年度以前の入学者

【薬学科】
 本学薬学部では、「薬学科」(6年制)の目的である「臨床の場において高い倫理観と高度な専門性を発揮できる薬剤師の養成」を実現するために、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 薬学の基礎科目を重視するとともに、幅広い視野を育成するよう教養科目を配置する。
  2. 専門知識ならびに技能を高めるよう講義および実習を配置する。
  3. コミュニケーション・スキルの習得ならびに充実を図る科目を配置する。
  4. 豊かな人間性をもった医療人としての倫理観の養成を図る科目を配置する。
  5. 問題解決能力の醸成を図る科目を配置する。

【創薬科学科】
 本学薬学部では、「創薬科学科」(4年制)の目的である「薬学を基礎として生命・健康を科学し、創薬研究・開発に携わる人材の育成」を実現するために、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 薬学の基礎科目を重視するとともに、幅広い視野を育成するよう教養科目を配置する。
  2. 専門知識ならびに技能を高めるよう講義および実習を配置する。
  3. コミュニケーション・スキルの習得ならびに充実を図る科目を配置する。
  4. 豊かな人間性をもった医療人としての倫理観の養成を図る科目を配置する。
  5. 問題解決能力の醸成を図る科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

☆平成27年度1年生からカリキュラムを変更にともない、
 「ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)」が変更となっています。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)~平成27年度以降の入学者

【薬学科】
 「薬学科」にあっては6年以上在学し、本学の「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」に基づいて設定した授業科目を受講し、卒業に必要な単位数(「薬学科」は188単位以上)を履修した者に対して、臨床現場で必要な倫理観を有し、薬学領域における幅広い知識と専門性を修得したことにより、薬学の発展の一翼を担う能力を有しているものと認定し、「学士(薬学)」の学位を授与します。


【創薬科学科】
 「創薬科学科」にあっては4年以上在学し、本学の「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」に基づいて設定した授業科目を受講し、卒業に必要な単位数(「創薬科学科」は128単位以上)を履修した者に対し、創薬科学における幅広い知識と専門性を修得したことにより、様々な分野で必要となる基本知識・技能及び研究態度を有しているものと認定し、「学士(薬科学)」の学位を授与します。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)~平成26年度以前の入学者

【薬学科】
 「薬学科」にあっては6年以上在学し、本学の「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」に基づいて設定した授業科目を受講し、卒業に必要な単位数(「薬学科」は188単位以上)を履修した者に対し、卒業を認定し、卒業決定者には「学士(薬学)」の学位を授与します。
 なお、学位授与の判定にあたっては、以下のことも考慮します。

  1. 修得した知識・技能により社会に貢献できる能力を有していること。
  2. 大学卒業者にふさわしい態度・倫理観・責任感を有していること。

【創薬科学科】
 「創薬科学科」にあっては4年以上在学し、本学の「カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)」に基づいて設定した授業科目を受講し、卒業に必要な単位数(「創薬科学科」は128単位以上)を履修した者に対し、卒業を認定し、卒業決定者には「学士(薬科学)」の学位を授与します。
 なお、学位授与の判定にあたっては、以下のことも考慮します。

  1. 修得した知識・技能により社会に貢献できる能力を有していること。
  2. 大学卒業者にふさわしい態度・倫理観・責任感を有していること。

大学院薬学研究科

アドミッション・ポリシー(入学者受け入れ方針)

 本研究科では、「薬学専攻」(博士課程:修業年限4年)と「総合薬科学専攻」(修士課程(博士課程前期):修業年限2年・博士課程(後期):修業年限3年)を設置しています。

 「薬学専攻」博士課程は薬学部「薬学科」(6年制)を基礎とし、医療の現場における臨床的な課題を対象とする研究領域を中心とした教育・研究を行い、臨床薬学・医療薬学研究者や専門薬剤師など高度な職能を持つ人材を育成するとともに、学部教育において臨床に係る実践的な能力を培った者に対し、先進的な基礎薬学に重点を置いた教育・研究を施し、高度の研究能力と豊かな学識を有した研究者・教育者の育成を目的としています。

 「総合薬科学専攻」修士課程・博士課程は、薬学部「創薬科学科」(4年制)を基礎とし、薬の創製、生体との相互作用から適正使用までのすべての薬学領域で活躍する研究者・開発者として必要とされるハイレベルな研究能力と専門領域における深い学識を養うことを目標とし、生命科学基礎研究や創薬研究に携わる革新性・創造性豊かな優れた研究者・技術者の養成を目的としています。

 このような目的の下、いずれの専攻においてもしっかりとした基礎学力ならびに薬学を学ぶ者としての倫理性を備え、常に探究心と向上心を持ち、薬学分野全領域で活躍を期待できる人材を求めています。

カリキュラム・ポリシー(教育課程の編成・実施方針)

 「薬学専攻」博士課程において学生は4つの研究領域(治療薬学研究領域、医薬品適用学研究領域、病態解析学研究領域、医薬情報科学研究領域)のいずれかに所属し、主担当指導教員の指導の下、関連分野の複数の教員による教育と研究指導を受けることとしており、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 薬学の知識・技能の探究を行うことを目的とした科目を配置する。
  2. 選択科目を多く配置して、学生の自主性や専門性に配慮する。
  3. 臨床現場に直結した研究を実践できる科目を配置する。
  4. 問題解決能力を育成するため、特別演習および特別研究を重点的に配置する。

「総合薬科学専攻」修士課程(博士前期課程)において学生は、それぞれの研究分野に所属し、教育と研究指導を受けることとしており、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 基礎科学から応用科学までを系統的に学べるような講義科目を配置する。
  2. 幅広い知識を吸収・育成することを目的とした科目を配置する。
  3. 講義科目は選択科目とし、学生の自主性や専門性に配慮する。
  4. 問題解決能力を育成するため、課題演習および課題研究を配置する。

 博士課程(博士後期課程)は、修士課程の趣旨・教育を継続しますが、入学時から4つの研究領域(基盤薬学領域、機能分子薬学領域、創薬化学領域、環境保健学領域)のいずれかの研究領域に所属し、主担当指導教員の指導の他、関連分野の複数の教員による教育と研究指導を受ける体制としており、次のような方針でカリキュラムを編成し、実施しています。

  1. 問題解決能力を育成するため、特別演習および特別研究を重点的に配置する。
  2. 薬学の知識・技能の探究を行うことを目的とした科目を配置する。

ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)

 本研究科における課程修了および学位授与の要件、授与する学位は、それぞれ以下のとおりとします。

「薬学専攻」博士課程
 4年以上在学し、必要な単位数である30単位以上を履修し、本研究科の行う博士論文の審査及び最終試験に合格すること。授与する学位「博士(薬学)」。

「総合薬科学専攻」修士課程(博士前期課程)
 2年以上在学し、必要な単位数である30単位以上を履修し、本研究科の行う修士論文の審査及び最終試験に合格すること。授与する学位「修士(薬科学)」。

「総合薬科学専攻」博士課程(博士後期課程)
 3年(修士課程での2年を加え5年)以上在学し、必要な単位数である16単位(修士課程で修得した30単位を加えて46単位)以上を履修し、本研究科の行う博士論文の審査及び最終試験に合格すること。授与する学位「博士(薬科学)」。

 なお、博士論文の審査にあたっては主査1名・副査2名、修士課程の論文審査にあたっては主査1名・副査1名の審査委員会を設置して審査を行い、最終試験は研究成果の口述発表に対する充分な質疑・応答を行うこととし、それらの結果を踏まえて研究科委員会において最終審査を行います。審査にあたっては以下のことも学位授与の基準として考慮します。

  1. 研究者として高度な知識・技能・態度を身につけていること。
  2. 薬学研究に貢献できる能力を有していること。
  3. 大学院修了者にふさわしい倫理観・責任感を有していること。